京都店

【偏平足】:ある日のオーダーインソール1

こんにちは、京都店店長の服部です。

 

京都店が出来てからもうすぐ1年が経とうとしています。

毎日のように足の悩みをお伺いしては、適切な靴とオーダーインソールで解決するために奮闘しております。

 

そこで今回から、ちょっとしたコラムのような形で足の症状とインソールの調整について

ブログを通じてご紹介していきたいと思います!

 

第1回はよくお伺いするお悩み【偏平足】について。

偏平足データ

こちらは店頭で行っている足圧測定のデータになります。

右足が特に分かりやすくアーチが低下し、足裏全体がべったりと地面についています…

 

アーチの無い状態では足裏が非常に疲れやすくなります。

また足の指の踏ん張りがききにくくなり、歩行にぐらつきが生じるため膝や腰を痛める原因にも。

偏平足から外反母趾につながるケースもあったりします…

 

では、この状態をインソールでどのように楽にしていくのか、解説していきましょう!

 

実は偏平足のアーチの低下は

・遺伝によるもの

・筋力低下によるアーチの崩れ

・体重の増加、運動不足

など原因が様々です。

 

こちらのお客様は足裏のアーチが生まれつき低く、さらに加齢に伴う筋力低下によって

限界までアーチが低下して土踏まず部分が地面にぶつかりっぱなし…

それが足裏の疲れや痛みの原因になっていました。

そこでインソールでアーチを持ち上げ、クッションを入れることで痛みや疲れの緩和をっしていくことに。

 

偏平足足型

 

こちらは足型を取ったのちに、アーチを作るように削りだしたものになります。

黒い線で作図し(左)、必要なアーチを機械で削りだしていきます(右)。

 

そして中敷の材料(クッションや支えになる芯など)をこの足型に張り合わせていきます。

お客様の症状に合わせて組み合わせは一人一人違ってきます。

 

そして…

 

insole1

 

しっかりと土踏まずの持ち上がったインソールが出来上がりました!

履いていらっしゃるときにアーチが落ちないようしっかりサポートしてくれます

 

insole2insole4

 

足型をセットしてみると、ぴったりとアーチにフィットしているのが分かりますね!

 

こちらのインソールを靴に入れられるよう形を整えていきます。

insole5

靴にもぴったりと収まりました。

 

これで足が疲れることなく靴を履いていただけます♪

また、さらなるアーチの低下の予防にもなりますので足の健康をしっかりと維持します!

 

 

今回は大まかにご紹介させていただきましたが、実際には偏平足の原因は様々で、調整の方法も一人一人ちがうものになってきます。

偏平足、外反母趾、タコ・魚の目、膝や腰の痛みなど足のお悩みがございましたら、まずは店頭の無料足型計測をお勧めいたします。

足と靴の専門知識を持ち、オーダーインソールを作れる技術を持ったスタッフが親身にお答えいたします。

 

お問い合わせはこちらから↓↓

中山靴店京都店

TEL:075-365-1192

〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹3F婦人靴

 


【お知らせ】

6月よりスタートしておりますクラウドファンディングサービス「makuake」による

自宅に居ながらオーダーインソールを注文できる「Dr.sole3D」好評受付中です!

fb3c9a896e168280021797292db503e91-300x226

あと残り日数もわずかとなっておりますので、なかなか店舗に行くことが出来ない、

でも足は痛くて困っている…という方はぜひチェックしてみてください!

Webページはこちらから↓

https://www.makuake.com/project/drinsole_3d