解剖学的知識とフィッティング技術で足と靴の悩みを解決する。

例えば、外反母趾やタコ・魚の目による足の痛みは、正しいサイズの靴を履き、足に掛かる圧力を分散(除圧)させることで、
予防・緩和することができる。中山靴店では解剖学的知識とフィティング技術を融合させた独自の改善法で、
足や靴の悩みに多方面からアプローチし、お客様の感動を追求しています。

日本の常識を変えたい。

靴の先進国ドイツでは、靴を足に合わせるのが常識。そんなドイツ人に言わせれば、日本人の靴の買い方は宝くじを買うのと同じ。
基本ハズレだけど、ときどき当たりがあるから買い続ける。なぜそうなるかというと、自分の足を知らないから。
「経験上23.5㎝くらいかな」と、アバウトな靴選びをしている。
そして、靴に無理やり足を合わせて痛みが生じ、我慢して靴を履く。これが日本の常識になってしまっている。
だが一方では、オーダーメイド靴はお金も時間もかかりすぎて、なかなか手が出せないのも事実。
このジレンマから抜け出したい。だから中山靴店の夢は、安く早くフルオーダーメイドの靴を作るシステムを確立すること。
即日納品できるオーダーメイド中敷きは、その第一歩なのです。

ゲゼレ(ドイツ国家資格・整形外科靴職人)中山 憲太郎

ゲゼレとはドイツの国家資格。靴職人でいうゲゼレは「整形外科靴職人」と呼ばれ、医師の診断に従って外反母趾やO脚の矯正、足に障害のある人向けに特別な靴や中敷きを製作したり、調整することができる存在。端的にいえば、解剖学や整形外科の視点から、その人に最適なオンリーワンの靴を作り出すエキスパートである。中山靴店のトップ中山憲太郎は、日本でも数少ないゲゼレのひとり。これからの靴作りには高度な専門知識と技術が必要だと2006年2月ドイツでゲゼレを取得した。

中山靴店のつくるオーダーメイド中敷きとは   フルオーダーメイドの靴制作も承ります。